植物療法(フィトセラピー)は「都会で自然と暮らす」ための知恵

 

末次香理(Kaori Suetsugu)植物療法士&エッセンシャリスト 

【企業での経験】

大学卒業後、社会教育、介護事業などを行う企業にて広報&広告担当として仕事を始めました。3年後、出版社広告局の営業に転職しましたが、1年半で倒産を経験。IT関連企業に転職しました。その企業で13年間、経営企画部門で広報として勤務、最後の2年間は、親会社に出向し新規事業開発を経験しました。

【退職から独立まで】

2016年に企業を退職しました。退職した理由は、40歳迎えてそろそろ自分の「第二の人生」を歩きたいと思っていたところ、それを見越すように「腰痛、ヘルニア」で出勤することが難しくなりました。まずヘルニアを「緩和」しようとして出会ったのが「植物療法」でした。

【植物療法士として、色と植物 COLOR & HERBSについて】

企業を離れて改めて感じたことは自分自身が「自然のリズム」を忘れていたということです。皆が始業時間にあわせて同じ場所に通勤するシステム、ITを活用してスピーディに進む業務や、商談。そして、時間になったら全員が帰宅、もしくは、アフター5はさらに喧騒の中に入っていく。そのような生活の中で、自分自身が「自分のリズム」を忘れて、「誰かのリズム」「皆と一緒のリズム」に合わせざる得なかったように思います。

「腰痛、ヘルニア」によって私は、そのことに気付くことができました。そして、「植物療法」は「自然とのつながり」「自分自身のリズム」を思い出すきっかけになりました。

「症状」として、心や身体に起こる出来事には「その人」が生きてきた過程における「習慣」「生育歴」「関係性」「DNAや家系」そして、集合的な「人類の歴史」が反映されています。

「療法家(セラピスト)」には、それを「どのように読み解き」「どのように解釈して未来へつなげていくのか」という視点が欠かせません。過去そして、未来と「今」の相関を一人ひとりが紡いでいくためのサポートをする。それが「色と植物 COLOR & HERBS」の提供するサービス全体のコンセプトです。

植物の生命力、エネルギーをいただく「植物療法(フィトセラピー)」は、「都会で自然と暮らす」ための知恵であり、多くの方にお勧めできる「自然のリズム」と繋がる自然療法です。

【保有資格】

一般社団法人 日本フィトセラピー協会認定 インストラクター/フィトセラピスト

エリックスエッセンス協会認定 プラクティショナー

【修了資格】

一般社団法人日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー

マルセイユタロットリーダー

オーラソーマカラーケア レベル3

ことはカードリーダー

 

【植物療法のお仕事実績】

 

 

 

2016年

✓ハーバルライフセミナー ✓アロマパフュームセミナー                 ✓ハーブティブレンディングセミナー

2017年 ✓パーソナルハーブブレンド提供開始 ✓法人向けハーブブレンド提供開始         ✓植物療法セッション提供開始 
2018年

✓フィトビューティケア講座提供開始                          ✓フィトビューティパーソナルセッション提供開始                    ✓エリックスエッセンスセッション提供開始

 

→ レッスン&セッションについて